「ほっ」と。キャンペーン

アロマテラピスト、レイキマスターのCAKEがつづる、私の好きなもの。そして、新米ママが送る 愛娘ZOË への言葉


by MCake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Universal oil "Lavender"

言葉通り、Lavender は「万能オイル」です
ラテン名は Lavendula officinalis/ Lavendula angustifolia

なじみやすい香りだから、アロマ初心者でもすぐに受け容れられる香り。
それでもって、一番の人気者でもある。

よく頭痛や、不眠症に効くって知ってる人も多いと思うけど、それだけではない
痛みとめ→ 頭痛、腹痛、生理痛、筋肉痛
傷によし→ 荒れた肌の手入れ、虫刺され、ちょっとした切り傷、軽いやけど
       
ストレスによし。ショックによる感情の乱れによし。気分の落ち込みにもよし。PMSによし。
毎日の肌の手入れによし、しかもどんな肌のタイプによし
それから、「デトックス」によし。

リラックスオイルって思っている人が多いと思うけど、実はこのオイル「2面相」である。
オイルを少量使用した場合、リラックス効果大
で、オイルを多量に利用した場合、テンションがあがる。    というわけ。


安全で、使いやすいオイルなんだけど、2つ注意しなくてはならない
妊娠初期は使用禁止。。。っていうかー妊娠中は使えないオイルが多いんだよね
沈静効果があるため、低血圧の人は使用をさけたほうがいい

どんなオイルとのブレンドの相性よし。
私の気に入りは、ラベンダー+ローズウッド+リンデンブロッサム

Have an Aromatically day
[PR]
by Mcake | 2008-12-26 21:00 | Holistic

アロマセラピーと私

アロマセラピーと名前を聞いたのが、カナダに移民する直前に、偶然購入した雑誌で知った
日本語の本は、自分のお気に入りの1冊と、大学で使ってた料理の本と(実は私栄養士だったりする)この雑誌のみ

カナダに来て最初の仕事、「コーヒーショップ」で働いてた時に、短い間だったが一緒に働いたカナディアンのNOVAとの会話で、「ふーん私も使ってみようかなぁ」なんて思い始めた

彼女から店の名前を聞いて、翌日アロマオイルを購入しにいく
購入前に雑誌を呼んで、何を購入しようか前もって決めていた


実際、店に行くとオイルの値段にビックリ。欲しいオイルは、滅茶苦茶高いもの
当時、最低賃金ワーカーの私には、手の出るものではなかった
で、店にあるアロマオイルのチャートシートを読んだが、医学英語なんてチンプンカンプンの私。→それでなくても私は単語力が乏しい。。。

で、匂いをかいで自分の好きなものを購入した。

「Lavender」
Ceder wood」

この2本

Lavenderは、今では飽き飽きしてしまって「お肌のお手入れ」以外には使わない
Ceder woodは、今でも私の大のお気に入りのひとつ。
入浴中にディフーザーでたいて、森の中で入浴してる気分を味わってリラックスする時間を楽しんでいる


アロマセラピーって香りだけでしょ?って思う人多いかもしれないが
アロマセラピーの定義は
The science and art of using 100%genuine and authentic plant Essence for healing-Body,Mind and Spirit

ようは、「100%ナチュラルな植物からのオイルによるトータルバランスヒーリング」
このナチュラルとは、99,99%ケミカルを含んでないもの
じゃー0.01%とは。。。オイルを取り出すときにどーしてもケミカルを使わなくてはいけないものもあるから100%とは言えない (例ジャスミン)

それでは、「アロマセラピーの利益は何?」
1、ストレス解消
2、病気や風邪の予防効果,特に免疫効果には大効果である
そう、アロマセラピーはメンタル的にも、フィジカル的にも大効果なのである


私なりに、少しづつアロマオイルの紹介をしていきたいなぁ。と思ってます


因みに、、、アロマオイルは「絶対に服用してはいけません」
[PR]
by Mcake | 2008-12-26 04:17 | Holistic

親の願う事

最近、某トーク番組で何か、イライラさせられてTVをけしたのを覚えてる

内容は、偽子供のオーディション
そこには、「ミリオンダラーを稼げる、今や花の子役スター、第2のハナ モンタナ を夢見る親」ばかり。
何でこんなアホ臭い質問内容を、まじめに答えるんだろう。って思い始め。。

しまいにこの質問に、イライラさせられた。
その質問はとは。。。。


「お子さんが少し太り気味だからダイエットしてください。って言われたらどうされますか?」
「もちろん、させます」

おいおいおい。。。。。お子さん5歳でしょ?しかも間髪いれずに答えるなんて。。
そこまで、子供をミリオンダラー子役にしたいわけ???


何か、同じ親として考えさせられるなぁ~
私は、気が付いた時から「自分のしたい事はする」主義だった
親に反対されても、実行可能な限り自分でやりたい事をやってきた方だ
自分でお金を稼ぐようになってからは、「自分の稼いだお金でやりたい事するんだから、親にいちいち了解も文句も言われる理由はなし」
ってご飯を食べさせてもらっている身でありながら、こんな小生意気なやつだった。

私の親は、「あれやれ、これやれ」とプッシュする事は、全く無かった。
大学も遊びに行くならいく必要なし。ってぐらいの人達
ただ、母親からは「手に職をつけなさい」とだけは、口うるさくいわれてた




私は、ZOË に何を願うんだろう。
ハナ モンタナみたいな、ミリオンダラー子役?
将来はプロフェッショナルのスポーツ選手?
スーパーモデル? ドクター?それともカナダのプライムミニスター??


私は、そんな事は子供には全く望まない
ただ、ひとつだけ望む事は

「心も体も健康に育って欲しい事」


体の健康は、病気も怪我もなく五体満足に育って欲しい。
心の健康は、自分の気持に正直に育って欲しいってこと

悲しい時に泣ける子。嫌なことに怒れる事そして、「いやだ」とはっきり言える子
嬉しい時に喜べる子。楽しい時に笑える子 寂しい時に寂しいといえる子。
ありがとう。ってきっちり言える子


親の顔色を伺って、自分の感情を殺すような子にはなって欲しくない
そして、自分の意見をきっちり言えるような子になってくれればいいなぁって思う。

。。。これもやっぱり、親の勝手な欲望かなぁ(笑)
[PR]
by Mcake | 2008-12-22 04:17 | Zoë'
c0134345_1030392.jpg


って酒屋の兄さんいってたけど、、、
私も同感。って思ったけど。。。。これは裏切られた

まー私のミスってこともある
某一流と言われるホテルのレストランで食事に行った時のこと
従業員の特権ってことで、ワイン持込許可を得て、このワイン持参したんだけど。。。

ディナーはシェフ+キッチン連中のお任せ。ってことで、ワインと食事は全くあいませんでした。
とゆー思い出の代物


Kendall Jackson自体にも、思い出あり
仕事場でワインの勉強会(っていうよりも味見会)があったのがこのワイナリー

赤はあまりインパクトが無かったの覚えていたのにもかかわらず「カルフォニアPinot Noirってことで、購入
まー2度と買う必要はないかなぁって代物

Kendall Jacksonは白は超お勧め
私も唯一「白が飲みたい」って時に買うワインの1つ
Chardonnay でも Sauvignon blanc でも、美味しいです
[PR]
by Mcake | 2008-12-21 10:42 | Wine

おじさんのお勧め

c0134345_10123111.jpg


数年前、Vancouverで、手に入るカルフォニア産、BC産、チリ産の手ごろな値段のPinot noirは。ほとんど味見してしまった私。

で、酒屋でPinot noirを探してた時に、見た感じ「ワイン通」のおじさんに(単に沢山ワインを買い物カゴに入れてただけの人なんだけど)「お勧め」を聞いてみた

おじさん、色々勧めてくれたけど最後に一言「全部オーバープライス」って嘆いてた
っていうのも映画「sideways」のおかげでPinot noir人気上昇。それに便乗して値段上昇ってこと。

で、そのおじさん「おーーRussian River Valley♪ ここのワイナリーは上手いんだよ。値段もお手ごろ、買っておこう」
って手にしたのがこのPinot noir。
おじさんも飲んだこと無いから、楽しみっていってた1品

値段も$20程度。ってことで購入


これ、おじさんが楽しみ♪っていうのわかる1品。
私の、かなりお気に入りのワインのひとつ

ライトボディだけど、こしがあるっていうか、後味がしっかりしてるっていうか。
ベリー味なんだけど、甘すぎずドライすぎず、酸味もいい感じ
まさに、私好みのベッピンさん でした。


そーいやぁ、フランスワインのBurgundy を Burgundy地方以外でつくる場合は、
Pinot noirって、っていうんだっけ。
この分家と本家を飲み比べてみたい、1品だなぁって奴だよ。
[PR]
by Mcake | 2008-12-20 04:17 | Wine

Pinot noir

c0134345_9515965.jpg



仕事上ワインを少しは知らないと、困る。ってことで自腹きってワインテスティングし初めて、早4~5年。
ワインなんて今の仕事に付くまで「全く興味なし」状態だった。味もわからないし美味しいとさえも思わない。
最初は白ワインがお気に入りで、白ばっかり飲んでた。
ある日、仕事で赤ワインの味見をする機会があって、それから「赤ワインもいけるかも」なんて。。気が付いたら、赤ワインしか飲まなくなってる。

約5年もワイン飲んでるのならワイン通でしょ。。。っていうわけでも全くなし
何となくわかってきたのは「カルフォニアワイン」と「カナダBCワイン」「チリワイン」「オーストラリアワイン」ぐらいであって、ヨーロッパワインはいまだに知識0に近い。。

ワインって奥深いね~。。
あと、何本味見できるんだろうーって嬉しかったりもする

ワインテスティング。。って横文字でかっこいいけど。基本は「手ごろな値段($20ドル前後)で美味しいワインを探す♪ って事

で、このカルフォニアワイン、Pinot noir
Pinot noirは私のお気に入りのワインのひとつ。
私が初めて、ワインに$50も払った1品

購入してから飲むまで、1年近く保存してた記憶あり。

味はというと。。。上品で、かなりライトボディーで。。物足りなかった
Pinot noirだから、ライトボディーっていうのはわかるけど、なんかイマイチ
2度買う必要はないかな。。。ってゆーかーオーバープライスだったようにも思える

まー私好みではない。っていうだけだったのかもしれないけどね
[PR]
by Mcake | 2008-12-15 04:17 | Wine

気が付けば。。。

娘は3ヶ月。。。

気が付けば、自己主張がますます激しい事。
ジレンマから手足をバタバタさせて大声で泣く事もある

気が付けば、オムツのサイズがステージ2になったこと

気が付けば、沢山洋服が小さくなって、着れなくなったこと

気が付けば、首がしっかり据わっていること
腹ばいになって、首を持ち上げられる事

気が付けば、今まで以上に好奇心が旺盛な事

気が付けば、手足をバタバタさせて、ぶら下がってるおもちゃで
楽しそうに1人遊びする事

気が付けば、マミーに向かって笑う事が増えた事

気が付けば、赤ちゃん言葉が沢山増えた事。しきりに話していること

気が付けば、甘えん坊でマミーに抱っこされるのが大好きな事

気が付けば、テレビが好きなこと

気が付いたこと。。。。子供の成長って、すごく早いんだなぁ
[PR]
by Mcake | 2008-12-05 04:18 | Zoë'

とき

過去の出来事が懐かしいと思えて
未来に何が起こるだろうとワクワクするなら
現在はいったい何の意味があるのだろう

1秒前が既に過去で、1秒後が未来である
現在は次につながる過程なのだろうか
[PR]
by Mcake | 2008-12-04 08:02 | talk to myself