アロマテラピスト、レイキマスターのCAKEがつづる、私の好きなもの。そして、新米ママが送る 愛娘ZOË への言葉


by MCake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いつまでたっても、親は私の事を「子供」扱いをする。
それが、私には理解できなかった。

なぜ、そこまで心配するのか?なぜ、そこまで口うるさくいうのか?
なぜ、親にとって、子供はいつまでも子供なのか

親になって初めて、わかった親の気持
親にとって、子供はずーっと子供である

そりゃーそうだろうね
40週もお腹の中で成長してて、出産後も24/7で育児してて、
ずーっと守ってあげたい。それがどんな形でも。って自然と思えてくるも

この日、初めて親に心からありがとうって思った
生んでくれてありがとう。
育ててくれてありがとう

今こうして、娘に出会えたのも、親のおかげである
もし、今まで生きてこなかったら娘にも、出会えなかったから

ありがとう
[PR]
by Mcake | 2008-09-16 04:27 | Zoë'

出会い

Zoë'に出会ったのは、2008年9月5日。午前4時18分

9月4日の夜、予定日よりも11日早く、陣痛もなく突然羊水破裂。
それから7時間後に、娘に出会った

2725グラム。48センチという小さな体からはとても想像できない、大きな産声と一緒に
この世に生まれてきた。

名前の意味は、ギリシア語で「生命、生きる」
「一緒に生きようね」ってバースヒプノセラピーの時に、聞こえた言葉
名前の意味を知らずに、選んだ名前が不思議と、ヒプノセラピーと一致した

名前通り、彼女はサバイバーである。
出産36時間後に退院したのにもかかわらず、「幼児黄疸」のために、退院2日後に病院に戻る事に。

今ぐらいの黄疸の数値なら数日ライト治療で治るけど、万が一この数値が上がってしまったら
脳に障害が起こる可能性があります。

もし、看護婦の言った通り産後48時間病院にいたら、彼女は黄疸になる可能性が少なかったかもしれない。オムツがぬれない事になんでもっと早く疑問に思わなかったんだろう
なぜ、出産前に育児の本を、きちんと読んでおかなかったんだろう。
自分を責める事、泣く事しか、私にはできなかった

ライトの下で治療する事8時間。と同時に2時間おきに授乳。母乳と粉ミルクの混合
体内にある不要な赤血球を排除するためである。
ライト治療は8時間ですんだものの、病院には2日いる事に

入院、私は産後の体の痛みから腰痛がひどく、フィジオテラピストが車で、ベッドの上で動く事ができなかった。。。情けない

退院後1週間は、2時間おきの授乳。結果、彼女の黄疸はきれいさっぱりと無くなった。


あんな、小さな体で黄疸と戦っていたZoë'
母親の私は、泣く事しかできなかった。そして、自分の健康すら管理する事ができなかった

娘は強い。「一緒に生きようね」。でもその前に自分の健康もしっかり、管理しないとね
彼女に教わった気がする
[PR]
by Mcake | 2008-09-05 04:18 | Zoë'